「縛られたくないなら縛ればいいじゃない」

お久しぶりです。
タイトルは、先ほど中学生の娘に言われた言葉です。

マリー・アントワネットかよ、って思いました。

仕事の悩みをウダウダ言う私に娘が言いました。

「そういうこと言う人って、大抵自由でいたい人だよね」
「縛られたくないなら、縛ればいいじゃない」

実は、
仕事が忙しいことでは不調にならない私が、
このところのモーレツな忙しさで、絶不調だったのです。

薄々気づいていた原因は、アントワネットの指摘通り、
「したいことができない」ストレスでした。

フリーランスになって約10年。
信念も夢もありますが、
結局は「こうでないと生きられないんだ、私」って分かりました。

もうね、夜中に3回ほど「これ、シロウトなら救急車だな」って思いながら
自分で治し(気分的には救命救急)ましたもん。

ちょっと、何らかのネジが外れちゃったのかなぁ…なんてしんみりしたり。

しかし、朗報です。

この一連の救急騒動・緊急事態のおかげで、
カウンセリング能力がめちゃくちゃ上がりました。
以前、わたしのカウンセリング方法を記事にしましたが、
既にやり方は変わってます。

というか、以前書いているやり方は、若干、キモは濁して書いてます。
だって、マネされたくないでしょ(笑)
今の方法も、一部だけ、いずれ記事にします。
自己満足。

あと、全く更新してなかったのに、
本サイトの閲覧数が謎の上昇を続けてます。
なんだかわからないけど、めちゃくちゃ感謝です。

私の健康法:カウンセリング

働く人のカウンセリング。
これが私の健康の秘訣。

なぜなら、
一番バリューが発揮出来るから。
一番感謝されるから。
一番役立ってる感じがするから。
一番生きてるって感じられるから。

ムムム…ちょっとヤバない!?って思われそうだが…
仕方ないです、事実です。

支配されたくないなら支配すればいいじゃない

その通りですね。
私は私の健康法で、働く人の健康を支配…するかもしれない…

<続く>かも。

追伸:とはいえ、無理はしません。
ご心配下さった皆さん、いつもありがとう!

シェアは正義だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

看護系大学卒業後、看護師・保健師として従事し独立。現在はIT・アパレル系中小企業にてカウンセリングを中心に活動中。特技は心身の不具合を見つけること、趣味は女子トーク、チャームポイントは秘めた母性です!