「好きなことがわからない」かたに試してほしいこと

どーも、ゆきのしんです。

「好きなことが分からない」「何が好きだったっけ…」

男女問わず、子育て中の方からよく言われます。
私もそうでした。
ハードワークし過ぎて…の方も同様ですね。

子どもが小さい時は特に、そうしたくなくても確実に、全精力を子育てに注ぎます。
というか、種の保存への本能・自然の理でしょうね。
仕事でも同様なことがあり得ます。

色々がんばってるうちに、自分の趣味・好きなことは、(原始的には)生命維持には影響度低いので忘れてしまうのだろう…と思っています。

そんな忘れん坊の皆さんへのオススメは、
10代の頃に好きだったことをしてみること。

好き!までのホップステップジャンプ

1.「好きだったこと」をしてみます
2.「好きなことをしている時の自分の感覚」が蘇ってきます
3.「今の自分が好きなこと」が分かるようになります

まずは感覚を蘇らせます

子どもの誕生はとても素晴らしいことであると同時に、人生の危機を感じる強烈な体験だと私は思っています。
なので、人がショックから立ち直る時に必要な専門的ケアと同じ様なケアが子育て中の方には必要だと思うのです。

自分の体験を話すこともとても有効なケアですが、一人で出来る度が低い…
10代の頃に好きだったことの中に、一人で・短時間で出来ることがあれば最高です!

ちなみにゆきのしんは、1日に10分でも部屋に一人で引きこもる・本を読む・ピアノを弾く…を続けました。
結果は、もちろん色々^^

好きなことが分からない状態で好きなことを探す…、めっちゃストレスです。
まずは、感覚を蘇らせてみてください!

シェアは正義だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護系大学卒業後、看護師・保健師として従事し独立。現在はIT・アパレル系中小企業にてカウンセリングを中心に活動中。特技は心身の不具合を見つけること、趣味は女子トーク、チャームポイントは秘めた母性です!