不安が強い日本人は「恥の文化」で前進する

怖がりなのに不注意なゆきのしんです。

不安って色々あって、治療を要する場合もあります。
日本人は脳内の幸せホルモン:セロトニンの受容体が少なく、元々不安になりやすいのだそうな。

不安な気持ちになるのは、ちょっと先の未来を予測する本能のため。
危機回避のための脳機能だそう。

不安になるのは自然の理ですが、思考がループして疲れちゃうのは良くないですよね。
今回はそんな不安ループからの抜け道ライフハックです。

不安への対処法は「行動」です。

不安を脇に置く方法、リラクゼーション法など様々ありますが、
今回は私がカウンセリングで行う簡単なQ&Aで抜け道を切り開く方法をご紹介します。

すべてに当てはまるものではありませんが、ひとつご参考に。

 

1.「何をすることが不安なの?」と質問して具体化する

こう聞いてあげましょうか。
「何をすることが不安なの?」

何が不安なの?ではなく何をするのがです。

霧みたいな漠然とした不安をギュー――っと凝縮していく作業により不安を具体化します。

例えば遠い将来への漠然とした不安に対して

順に問いかけてみよう
どんな風になっていそうで不安なの?
どうしてそう思うの?
今、準備できそうなことある?
なぜそれをしないの?

すると大抵、今したほうがいいけれど出来ないことにたどり着きます。

誘導尋問っぽいですけど、まぁそんなもんです、いろんな意味で笑

 

2.「した方がいいけれど出来ないこと」を言語化すると恥ずかしい

した方がいいけれど出来ないことって、沢山ありますよね。
これ、質問してみてください。

「なんでしないの?出来るのに」

すると大抵、みんな、微妙な顔します。
(・´з`・)(*’ω’*)(。´・ω・)

「ブログ書いた方がいいけど、自信ないし恥ずかしいからしない」とか言ってみると、妙に自意識過剰で恥ずかしい気分になります。
(だって、自分以外の誰も気にしてないのに…)

で、
さっきまでの不安優勢が、恥ずかしさ優勢になります。
「恥ずかしい」感情ってとてもリアルで居心地良くない感情なので、イヤになって行動しちゃいます。

なんと!
「したい方がいいけど出来ないこと」が瞬間で
「しないとなんか恥ずかしいこと」に変わります!

恥の文化で脱出成功。

 

3.そんな質疑応答が出来ないくらい不安なときは

それは、衝撃が大き過ぎたり、問題が大き過ぎたり、複雑過ぎたり。。。

そんな「過ぎる」時が過ぎるまで、待ちましょうか。

果報は寝て待て。快方は寝て待て。

寝てる間に脳が自動処理してくれます。
人間は生き抜く方向に向かう仕様になってます。

仕様通りに動き続けられるように、寝て、食べて、
順調に自然に快方に向かわせてあげましょう。

シェアは正義だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

看護系大学卒業後、看護師・保健師として従事し独立。現在はIT・アパレル系中小企業にてカウンセリングを中心に活動中。特技は心身の不具合を見つけること、趣味は女子トーク、チャームポイントは秘めた母性です!